会長挨拶

「ロータリーに創意と工夫を そして ロータリーを楽しもう」

高山西ロータリークラブ
会長 門前 庄次郎

高山西ロータリークラブ 会長 門前 庄次郎

2018〜2019年度、国際ロータリーのテーマは「インスピレーションになろう」です。インスピレーションを直訳すると霊感、ひらめきとなります。ただこの場合は「創造性・意欲」と訳されるようです。前向きな変化を生み出し、直面する課題に勇気と希望、創造性を持って正面から立ち向かう意欲を、クラブから引き出す事が大切であると示されています。当クラブに置き換えますと、今までの積み重ねを大切にしながらも変えて行く勇気をもって、色々な事にチャレンジして行く事が必要に思います。

今年度の活動方針を「ロータリーに創意と工夫を、そしてロータリーを楽しもう」としました。継続して行く事業に於いても、新しく行う事業に於いても、『奉仕の理念』をしっかり掲げながら、少し視点を変え工夫しながら活動していく事を基本にしたいと思います。
 そしてその思いを込め、また他団体・ボランティアとの交流する機会の創出を目的とし、新しい取り組みを幾つか計画しました。その事業が継続性のある事業となり、クラブの戦略計画(長期的な計画)を組み立てて行く柱となる事を願がっています。

また活動していく中で、会員同士が地域社会やクラブのために貢献すると言う目標を共有し、やりがいを感じ充実感を実感出来る事が必要だと思います。一部の会員だけでなく多くの会員が、手を取り合って行動する事で、持続可能な良い変化をもたらすのではないでしょうか。 会員が活動を通じ、当クラブの会員であると言うモチベーションを高め、ロータリーの原点である会員同士の『親睦と友情』を再確認し、なによりロータリーを楽しみながら充実した一年になる事を願い、頑張って行きたいと思っています。
一年間宜しくお願いします。